スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EAGLE 魚群探知機 Fish Mark 480 Basic

EAGLE 魚群探知機・魚探 Fish Mark 480 Basic

EAGLE 魚群探知機・魚探 Fish Mark 480 Basic Web限定現金特価モデル
通常価格 47,040円 (税込)
価格 29,800円 (税込) 送料込


EAGLE社のモノクロ魚群探知機は、他社の魚群探知機と比べて大きな特徴があります。
完全防水不沈構造、偏光液晶ディスプレイなど、基本スペックの充実もさることながら、大きな違いとしては「高解像度の液晶ディスプレイ」を備えていることが挙げられます。
国産機の縦320×横240ドットの液晶に対して、EAGLE社のFish Mark480は縦480×横480ドット。実に国産機の3倍の画像数を誇っています。
例えば、デジタルカメラに例えると100万画素と300万画素では画像の解像度に大きな違いがあります。この画像の違いは、ズームをしたときに歴然とわかります。
基本的に、EAGLE社のFish Mark480は国産機の3倍の画素数を持っています。さらに、モノクロ16階調濃淡液晶もあいまって、その表現力・情報量は国産機を大きく上回ります。
その表現力に加えて、グレーラインという底質の判断モードを持っています。これは二次反射を見る必要がない、というのが大きな特徴です。
国産機の場合、二次反射を見て底質を判断する、という使い方になりますが、これは画面の有効な表示能力を損なってしまいます。
例えば、水深10mのところであれば、二次反射を見るためには25~30mに水深を設定する必要があります。仮に水深を30mで設定した場合、本体画面が縦10㎝ならば、1mの水深を3㎜で表示することになります。
それに比べ、EAGLE社魚探の場合は実水深10mであれば10mに設定すれば良いのです。グレーラインは底質の固さをグレーのラインの厚みで表現することができます。
画面が縦10㎝ならば、1mを1㎝で表示することになるのです。
約3倍の大きさで表示できるということは、ボトムについているベイトフィッシュなどを的確にとらえることが可能なのです。
また、そればかりでなく画素数が3倍あることから、ズームをした場合に国産機と比べ、より細かい画像表示が出来ます。より細かい画像で見られるということは、微妙な凸凹やボトムに張り付いているベイトフィッシュなども簡単に見分ける事が出来るのです。
画面の表現力は、そのまま魚群探知機の探査能力に直結しているといえます。
また、ハイパースクロールモードとあいまって毎分3000回、1秒間に50回という高速発射を可能にしています。

デジタルカメラでも、今では500万画素以上の高解像度モデルが出てきています。やはり、これはよりリアルな画像を求めての結果だと思います。

湖底のリアルな画像を求めるなら高解像度ディスプレイを搭載したEAGLEモノクロ魚探はお勧めです。


釣りに行くときにはどんな時計を持っていきますか?おそらくほとんどの方が完全防水で、水の中に落としても大丈夫なものを選ぶと思います。ところが、国産普及GPS魚群探知機のほとんどが、完全防水ではないのが現状です。雨の中で釣りをしたり、朝夕の急激な冷え込みで結露しやすい環境にある魚群探知機ですので、『完全防水』というのは最低限おさえておきたいスペックです。EAGLEは全モデル『完全防水・不沈構造』で、水に落としても沈みません。
また、この性能により、類まれなる耐久性を保持しています。





プラスダイレクト
Bluetooth製品をはじめ、最新のIT商品をご紹介
インターネット通販通信販売雑誌テレビ番組格安情報買った感想人気商品サイズ寸法フィッシングショップ釣具店評判評価性能比較カカクコム価格コム価格COM価格最安値専門店専門ショップアウトドアーグッズゴムボート釣り船アルミボートバス釣りバスフィッシング黒鯛磯釣り舟釣り船釣りソナーレーダー魚影液晶画面モニターサイズイーグル日本無線ケンウッド
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。